noimage
  • コンセプト

まっすぐな木目、節のない柾目の板は貴重でとても美しいものです。


「節」や「不規則な木目」の材はこれまで敬遠されてきましたが、節は「枝の名残り」であり、樹木が陽光を受け止め呼吸をしてきた証です。


私はこれらが木の持つ力強さのひとつだと感じます。
たとえば、床材やウォールパネルにしても近年は節のある材が見直され、好んで使われるようになってきました。また、家具の材料としては排除されてきた部分をあえて使うことで、無垢材の家具でありながらお求めやすい価格を実現することができました。